其の大神通力・樂説辯力・大善寂力を得たるを見、其の所説を聞いて、皆信伏随順す。[法華経常不軽菩薩品]

2011年02月28日

  • 唯獨自ら明了にして 餘人の見ざる所ならん というのが法華経にあります 親鸞に於いてそれは 「聖人のつねのおほせには、彌陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。さればそれほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよと」 私たちは導かれていました それが往々にして聞こえないのです それは不思議です 不可思議です 考えるべきはこれだったのでしょうか 決して悩むことではありませんでした そして 楽に生きて良いのではないでしょうか 仏の本願は生きています そして すべて私たちに譲られています それを拒んでいたのは私たち自身ではなかったでしょうか かつて キリストをも磔に処したのでした しかし キリストはいいました 主よ 彼らをゆるしてください 彼らは知らないのです さて 真実の仏法とは何だったのでしょうか 誰もが幸せになれるのです しかし 何時かこのような人の心が殺伐として 例えば 横断歩道で人が渡ろうとしていても車が止まることのない 自分勝手で他者を顧みることのない魑魅魍魎跋扈し 自らセレブと称して支配する 四百年来自己利益追求の帰結としての時が来るのでした その時 本当に救われることが始まるのです それが今です そして その具体的方法はどのようであったのでしょうか それは何処にあるのでしょうか 誰もが探していました 誰もが救われる本当の方法を それはあると彼は言っていました