禅の悟りって何だったのだろうか。
苦節三十有余年、それを探していた。
随分と長い冬でしたね。
寒くはなかったですか。私は平凡な人生でした。
私たちは、何も考えていなかった。
あなたの言葉で聞きたいの。
まだなの?



2012年08月24日 

  • この世に生まれた意味がある。それを使命といっていい。それは何だったのだろうか。既に答えは得ていた。だけどまだ探していたようだ。いよいよ確定だね。それって何だったの? 愛に三段階あることを説いたのはパスカルだった。それを教えてくれたのは、森有正全集だった。そしてアガペこそそれだと思っていた。実は、三位一体だった。最終結論は、自己愛だった。自分が愛おしい。生まれたこの命が愛おしい。その時、生まれた意味を知る。生まれて善かったと思える瞬間が来る。孔子は殊の外自分の身体を大切にした。それは自分と宇宙が一体であることを知っていたからだった。みなさま、どうぞご自愛下さい。
  • いつも喜びの心でいると日月がやさしく輝きます
  • さわやかな風が吹きます 美しい風景が待っています
  • 好ましい人間関係が訪れます 夢は実現します 思考は現実化します
  • わたしたちはなりたい自分になっています
  • インド哲学に於いて既に観念が現実化するとされていました
  • また神の属性に二つあって それが創造力と普遍の愛でした
  • ところが往々にして両者は反力として機能します
  • これをどのように調整するかが鍵でした
  • さらに 神とサタンとの永遠の戦いがあります
  • ノアの箱舟とか ヨハネの黙示録 バガバッドギーターの記述
  • そしてアトランティス大陸の沈没とか恐竜の滅亡がありました
  • ギリシア哲学のテーマはプシケーであり 輪廻転生でした
  • 四聖が気づいていたのは何だったのでしょうか
  • それらが三十数年来のテーマでした いつかその謎を解く
  • それが『失われた何か大切なものを求めて』だったのです
  • 夢は成就しました 二千年来の物語の完結です
  • そして始まるのでした それは昭和50年のはずでした
  • あるいは昭和56年にもチャンスがありました
  • しかし 埋没したのでした いつか復活するのです