子どもたちの 大きな夢と 小さな願いが すべて かないますように


初春を 確かに観じ 漕ぎ出でる 思い出はるか 未来染め抜く
2011年1月1日

これからをよろしく

2011.01.02

  • 成功は社会に認められることでした。自分ひとりの力で何かが出来るわけではありません。だれもが今、これから何を指標にして良いのかわからなくなっていました。自信も失っていました。確かな未来が描けなかったのです。彼は埋没していました。その間、膨大な探索(勉学)もありました。知る人は知っています。そして待っていました。しかし、なかなかその気(本気)になれませんでした。しかし時は来て、恩返しの準備が調いました。もう、大丈夫です。これよりみんなでこの苦難の時代を乗り越えましょう。何時の時代もそうでした。失敗もありましたね。今となっては、笑うしかないですね。これからをよろしく。


新しい時代の目標

2011.01.02

  • 宇宙と魂はリンクしている 私たちは幸せに成るために生まれて来た この世は過去からの夢の実現過程である 百代の過客として 夢は実現する 実現するのは常に見えない世界である黄泉(祖先の総体)である 仏法ではこれを「我が力にあらず ただ仏の威力[いりき]による」とする 黄泉にも好みがある そして美しい風景と好ましい人間関係が待っている 広重がそうだった 芭蕉もそうだった 幸せとは自己実現だった その前提が自尊感情だった 大切にされることでそれは育成される 時代はシフトした やさしさへ あらゆる野蛮低劣(嘘とバイオレンス)を克服する 身心清浄及び正直(卑弥呼の系譜邪馬台国大和本来正統日本の旨とする大和魂)を以って 取り戻すべき本来日本がある 相手があれば必ず受容克服凌駕する(本来大和の秘密) 民のためにするとき神風も吹く 愛とは自分のためにしないことだった 故に公共性概念も本来愛だった 愛と平和と自由をこの世で実現する 殺戮なくして平和をめざす(子どもたち=未来の夢) だれもがいつか必ず 新しい時代の目標である 世界は地中海から地球となり宇宙となって武力による版図拡大の時代は終わった かつて戦争は軍隊同士がすることだった いつか大量殺戮の時代となって犠牲者は市民となった 日本は経験的に現代戦争の無価値を学んだ(ヒロシマ) 日本国憲法は歴史的所産である 人類の大宇宙及び大自然に対する反省に基づくプログラムとしての宣言だった これを実現する 日本の使命が明らかとなった


旅立つが良いよ

2011.01.02

  • もういいんだよ 十分だよ 探索は終わった 長いモラトリアムだったね 旅立つが良いよ 幸せの方へ あなたは成就した 求めるものは何だったんだろうね 賢聖(げんじょう) 醸成するには時間がかかるね 一切種智慧 欺けはしない すべてがいとおしく思えてくる 現代世の中の不安 稀有なる花が咲いた 誰もが振り返る 私たちもいつかその花と咲く もはや時である 本来日本の知性 見事に蘇る あらゆる苦難と試練を経て復帰着任する これより始まる 黄泉の受容を取り付けて