幸せとは何だったのだろうか。真実と邂逅することだった。真実とは何だったのだろうか。それは神仏の実在とその邂逅だったのである。本来日本は如何なる国だったのだろうか。卑弥呼の系譜邪馬台国大和正統日本だった。本来日本の命脈がある。本懐がある。それはそのまま生命体としての進化傾向だった。日本は現存文明文化諸国家に於いて最も古い。それ故の意味及び使命がある。何を学び何を反省し何を提示するのであったか。愛と平和だった。そして世界に於いて重要な使命を果たすことができる。世界に合流する。

そして咲く


2013年11月16日

  • 花は何処へ。その花はもう咲かないのかと思われていた。それは種として遺されていた。いつか咲く約束だった。何の花だったのだろうか。時代を確定する花だった。すなわち本来日本の花だった。咲くためには時を要した。また属性を要する。卑弥呼の系譜邪馬台国大和正統日本家伝直伝秘密花。本来日本は神国である。いつか見失われていた。何故だろうね。公害並びに譲渡担保及び仮登記担保等、他を犠牲にして顧みることなく自己利益を追求する時代だったからだった。咲くためには条件があった。それは真実を明らかにしなければならなかった。あたかもそれは最終定理だった。そしてそれが明らかとなった。証明は大自然及び黄泉がする。そして咲いたのである。咲けばだれもがわかる。輝けばだれもが見える。日が昇る。明るくなれば何もかもが明らかになる。戦争も辞さない方々の支配があった。それは恐怖を以て支配していた。とても巧妙である。それも見抜かれた。アメリカは公言している。日本が右傾化することはあり得ない。これを以て日本の未来が確定した。日本は世界において何を反省し、何を学び、何を発信するのであったか。日本とはどういう国であったのか。明らかにされた。これで日本は大丈夫である。人類も大丈夫である。ここに重大な使命があった。それが果たされたのだった。そして咲くのだった。




見つけて開く


2013年11月16日

  • 楽々と易易生きる人生を見つけて開く本来日本
  • 何もかも変わりゆくなる変革の時代ながむるよしとするなり
  • 今度こそ確かなるとぞ言い置ける真実日本花と咲く日々
  • とりもどす壮大なるも真実の夢の実現使命果たして
  • 生まれしのこれぞ幸せ見つけたるこの世真実花と咲き居り