善い時代にしようね

2012-03-10

  • この世に生れて善かった 生きて来てよかった そのように思える日が必ず来る 自分は自分でよかったって 本当の喜びがある 本当の幸せがある どんなに辛く悲しい日々があったとしても この世で解決はないと思われた試練があった それ故に何をしても駄目だった 人生を諦めていた 青春も失っていた だけど それ故に それを乗り越えた時の喜びがある 人生プラスマイナスゼロだろうね それが人生の方程式だった 足ることを以て知る 気づけばすべて満たされていた 持って生れた自分で十分だった 気づけば善い 知れば善い 何に気づくのだろうね 何を知るのだったろうか 子供のころの自分が全てだった いつか帰る そして始まる この世は素晴らしい 本当だった 失ったものが大きいのは得るものの大きさが約束されていた 条件がある それは何だったのだろうね 身心清浄 開発するべきはそれだった 嘘はこれより通らない バイオレンスもである この世の幸せの要件が確定された 彼のこの世に生れた使命はそれだった 戦後は殊の外困難だった 権力ではなかった それは既に市民革命で克服されていた 武力でもない ヒロシマで現代戦争は無価値となった 金力でもなかった 彼のこの度の人生でそれを証明した 残念だったね 勝敗は決した 本当の力とは何だったのだろうね 彼はそれに合してそれは彼に冥した それは子どものころからあった それが確定された 新しいパラダイムとなった それはあった 何があったのだろうね 真実或は真理である それって何だろうね 彼は言う 神仏の実在と神仏との邂逅だった 人間にとって都合が悪い それでキリストも処刑された だがね あるのだった 日蓮においては竜の口だった ドストエフスキーも銃殺刑に処せられかけた その記述は『白痴』にある 知らなかったね そして勝手した そしてどうにもならなくなった 何時かこの日が来るのだった 市民革命及び立憲主義は絶対王政に対してだった そしてブルジョアの支配となった それはお金の支配だった カルバンの思想に始まりインカより奪った金が基礎となった その終焉の頃である 400年周期説は旧約聖書に秘められていた 庶民の解放もそうだった それは市民解放、奴隷解放、女性解放の次に来る その時が来たのである その前に淘汰されるべきものがあった 嘘とバイオレンスだった そして新しい時代を迎える 始まってしまった ついに彼は生まれた使命を果たした 『失われた何か大切なものを求めて』 彼のこの世のミッションが成就した 不思議な人生がそれを証明している 自得を以て証明とする 日月照らし風が吹く 旧約聖書の続編は今も続編編纂中である 『宝島』の末尾は書き換えられている 『山椒魚』の末尾は削られた 善い時代にしようね 世界が祝福している 世界は気づいていた パソコン通信の頃からね 何時か必ず彼が帰って来る 日本は何を学び何を反省して何を提示するのだったか そして驚いている 此処までするとは思わなかった Thank you !
  • 【緊急地震情報】
  • 平成24年03月10日02時35分 気象庁発表
  • 10日02時25分頃地震がありました。
  • 震源地は茨城県北部 ( 北緯36.7度、東経140.7度)で震源の
  • 深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定されます。
  • 平成24年03月10日03時18分 気象庁発表
  • 10日03時15分頃地震がありました。
  • 震源地は茨城県北部 ( 北緯36.7度、東経140.7度)で震源の
  • 深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.9と推定されます。